日々と、ダンスと、桜文鳥。
ももいろぶんちょライフ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トトちゃん成長記 体重編
2005年 04月 30日 (土)
トトちゃんはサカナに似ている。
toto-p6.jpg

トトちゃんがうちの子になった翌日、鳥病院へ健康診断に行きました。
幸いにも病気は見つからなかったのですが、やはり問題はわずか16グラムという低体重。

先生からの体重を増やすためのアドバイスは
・とにかく早くひとり餌にさせることが大事。
・遊ぶことより食べることに集中させるためにケージではなく小さめのプラケース暮らしにする。
・シード、粟穂、青菜、ボレー粉などいろいろプラケースに入れて興味を持ってもらう。
・プラケースから出して遊ばせない。
ということでした。

アドバイスを守ってその三日後に、早くもトトちゃんはひとり餌になりました。
でも体重は16グラムのままでした。

体重が多すぎて悩んでいるという話はよく聞くのですが、逆のケースは調べても見当たらず悩みました。
文鳥の本を読んでいて「このわずか25グラムの生き物が」という一文に悲しい気持ちになったりもしました。

だから16グラムが17グラムになった日の喜びといったら!
スポンサーサイト
雨の日スケッチ
2005年 04月 29日 (金)
rain.jpg


梅雨の時季に描いたもの。
こんなふうに景色がブルーグレーになるのだよね。

今年こそ梅雨までにレインウェアとブーツを買おう。
子供の頃みたいにゴムの長靴を履いて出かけるの!
トトちゃん幼少期 出会い編
2005年 04月 27日 (水)
2003年9月、トトちゃんがうちにきて三日目くらいのとき。

toto-p1.jpg

まだくちばし真っ黒です。生後四週間から五週間くらいですね。


トトちゃんとは八王子のペットショップで出会いました。

ヒナというものはごはんの時以外は大体眠っているものです(寝すぎは病気の心配ありだけど)。
そのプラケースの中でも四羽のヒナヒナぶんちょたちが寄り添いあい眠っていました。
プラケースにはもう一羽、その寄り添いあうヒナたちめがけてなぜか飛び込みキック(注:)をして遊んでいる(??)ヒナがいました。
それがトトちゃんです。

(注:プラケースのすみっこから→対角線上にジャンプして仲間ヒナたちの上にボスッととびのる→また対角線上にジャンプして元の位置にもどる、を繰り返していた)

無駄いや有り余る程のエネルギーが見てとれました。
この元気さでトリコモナスだとか病気はありえないだろう、と私はトトちゃんを連れて帰ってきました。
まだヒナだった前の子をトリコモナスで亡くし、気が狂わんばかりだった当時の私はこの暴れん坊パワーに救われたのです。

まあトトたんの場合、元気が良すぎる故の悩みにしばらく悩まされることになるのですけれども(動いてエネルギーを消費してしまうので低体重。当時わずか16グラム……! 気が気でない状態が当分の間続くことに)。


その後もペットショップで文鳥ヒナさんを見ることはよくありますが、あの時のトトちゃんより元気のいい子に会ったことはありません。出会うべくして出会った運命の暴れん坊なのだと思っております。
2005年 04月 26日 (火)
買うタイミングを逃し続けていた白鳳堂の筆を今頃買いました。渋谷東急で。
うれしい。
brush.jpg

触ってはニコニコしています(おかしい)。
とりあえず基本として、チーク用山羊毛とアイホール用カナダリス毛。
チーク用の柄は、白地にパールが散っていてすごくかわいいの。
これからちょっとずつ揃えていきたいな、と。

大好きなaqua girlにも行きまして。
来たるべき冷房病の時期に備えようとはおりものをあれこれ購入!
春のうちから準備しておかねばならんのです。


絵筆は持ってないなあ…………。
いつも何で描いてたんだろうわたし。
修行
2005年 04月 25日 (月)
こないだの換羽ちゅうトト絵は、描いたあとで本物トトを見てみたらけっこう間違ってる部分があることに気付きました。まだまだ修行が足りません。
◆本日の謎の絵◆
bun.jpg

トトちゃんの換羽ぐあいは毎日変化していて観察し甲斐があります。
・ボディの坊っちゃん刈りは自然な感じにほぐれて、段は段でもウルフカットになりました。
・三つまたしっぽはこの間にもけっこう伸びて、生えそろうまでもう少し。
・見ているぶんには気付かないけど、トトちゃんを握るとわかる無数のちくちく。羽の下にいっぱい出てきていると思われます。まだまだこれからです換羽。がんばろうトトちゃん。


スケッチブックより「八王子の風景」その1
2005年 04月 25日 (月)
sk1.jpg

学生時代ずっと住んでいました。
ここで絵筆握って描いていたら、地元の小学生の集団にからまれてとても迷惑したことをよく覚えています。
最愛の画材はエンピツと油性ペンです。
2005年 04月 23日 (土)
syagamu.jpg

さっき思いついたんだけど、生トトをモデルにスケッチやりたいな。そういえばやったことないな。
なんとなく、踊りまくる人物モデルをデッサンしろ、っていうどこかの学科のいつかの入学試験を思い出した。あったみたいね。
換羽ちゅうレポート
2005年 04月 23日 (土)
そんなわけでトトちゃんは換羽まっさいちゅう。
成鳥になってからの換羽は初めてなので、もう私はただすごいなあと。
朝トトちゃんをケージから出すたび、思わず「今日もまた一段とスゴイ姿ですねぇ」と口をついて出ます。

◆とりあえず今朝のトトちゃんの換羽っぷり◆
kannu.jpg

A:
新しい羽がレイヤーヘアのごとく段になって生えてきています。ところどころがぼっちゃん刈り。ところどころおろしたての平筆状。
B:
三つまたしっぽです。もとからあった尾羽の両側から、新しい羽が生えてきているのです。なんだかずいぶん外側に向いている気が。ちゃんとまっすぐ伸びてきてくれるのかしらドキドキ。
C:
キレイな真っ赤だったくちばしとアイリングは少し血の気が引いてしまっています。しんどいよねこんなの。でも今のところ頭のあたりはパッと見変わりなし。くちばしの下(アゴ…?)にある黒白の毛部分にあたらしく白い毛が生えました。ヒゲと呼んでいます。
D:
腹のあたりも実はばさばさと毛流れが乱れていて、生えかわってんだな~という感じ。

トトちゃんが水浴びしたあとには羽が残る。トトちゃんが毛づくろいしたあとにはサヤのかすが無数に落ちる。トトちゃんが飛ぶと羽も宙を舞う。要するにタイヘンですとても。
本人にしてもいつものように暴れて呼びいそいそと手にもぐり眠るさまは変わらないのですが、さすがにしんどいらしく
「……………………」
という空虚な表情をして固まる瞬間が多々あります。

トトちゃんは折り紙つきの暴れんぼうなので、体がしんどい時でも必要以上に元気よく遊びまわってしまいます。わたしがちゃんと安静にしてやらなければいけません。

ところで今回初めて色つきでブンさまの絵を描きましたが、胸のグラデのあたりなんかがクセになりそうな楽しさです。今度はちゃんと描こう。
ムキっと
2005年 04月 20日 (水)
小鳥さんはときどき、羽毛を立たせてふくらんでからブルブル!とやってホコリなんかを払い落とします。
こうブワ~ッと
toto13.jpg

この姿を知らない人には「ふくらんだ!ふくらんだ!」とびっくりされます。
換羽ちゅう
2005年 04月 17日 (日)
先週から毎日トトちゃんの羽が抜けています。
おかげで今、しっぽ(尾羽)は普段の半分の薄さです。
そして続々と新しい羽のもとが生えてきています。
魚の骨のような筆毛があちこちからチクチクと。
春ですねえ。

体がチクチクなトトちゃんは気が立っています。
ささっと換羽が終わるといいね。
toto14.jpg

抱っこの図
2005年 04月 14日 (木)
トトちゃん抱っこの図。
toto22.jpg
頭をかいてもらってます。こうするとうっとりした顔になって眠ってしまいます。フニャフニャのでれでれになったぶんちょは、とてもやわらかい。
スケッチブックより
2005年 04月 14日 (木)
スケッチブックに油性ペン描き。2002年。
illust-sk1.jpg

illust-sk2.jpg

illust-sk3.jpg

illust-sk4.jpg

”むらさき”
2005年 04月 14日 (木)
学生時代の作品。
illust.jpg

学生のころは絵を描くことが嫌いだと思ってたけど、社会人になって課題から解放されたら「またじっくり描きたいな」と思うようになった。たまに描くのがいいみたいです。
「抱っこして!」
2005年 04月 13日 (水)
いつでもどこでも握られたがるトトちゃん。
チラリ「抱っこしてくれる?」toto11.jpg

「抱っこせんか!ガブガブ!」そのうち怒りだします。
toto12.jpg

桜文鳥の魅力
2005年 04月 12日 (火)
白文鳥の、おしろいを塗った乙女のような高貴な日本人形のような美しさが好きです。

いっぽう桜文鳥の魅力はそのひょうきんな顔にある!と思う。
あとやはり、胸から腹にかけての灰色・褐色・白のグラデーションの美しさ。
toto8.jpg

トトちゃんの面白いびっくり顔を見ていると笑いが止まらないよ。
「出ぁ~~~せぇ~~~~」
2005年 04月 12日 (火)
toto9.jpg

トトちゃんは愛にどん欲。ケージから出してもらえるまで暴れます。ケージにぶんちょキックをかまし続けます。
あんまりにバンバンガタガタ激しく叫び暴れるので心配にもなり、つい出してしまいます。

で、出たら途端に静かになって、ウキウキいそいそと私の手の中におさまるのだけど。で寝る。

こちらの身がもたないので我が家では目隠し(プチプチ)をケージの片側に巻き付けてあります。何せ目が合ってしまうとととびついて「出せ出せ」と騒ぎ出すので。これだと安心してトトちゃんの様子をうかがえるのです。
たまにブランコに乗ってぶーらぶーらしているのが見られてかわいい。toto6.jpg

水浴びの後
2005年 04月 11日 (月)
グラタン皿に水を入れて「水浴びだよー」と促してやると、
ちゃっ    ぽん 」と片足ずつ入って水浴びします。夏場など水浴びに飢えている場合は思いきりよく「ぼちゃ!」と突入。

水浴び後は、
toto5.jpg

シャッシャッとやったり、
toto4.jpg

足を踏んばってぶ~ん!!とやったり。toto2.jpg

水浴び直後は濡れて羽が重く飛びづらいので、手を差し出してやります。差し出さないと怒られます


それにしてもまんまる。
toto3.jpg

桜文鳥トトのプロフィール
2005年 04月 10日 (日)
toto1.jpg
名前:トト

2009年9月1日、発作を起こし天国へいってしまいました。
今までかわいがってくださったみなさま、ありがとうございました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2003年8月上旬生まれのオス。
体重24~25グラム。
性格は暴れんぼうで甘えんぼ。
人間大好きな握り文鳥。
チャームポイントはびっくり顔。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
【トトについて】
名前の由来

【トトの好きなもの】
抱っこ
抱っこ最高傑作写真
ティッシュ
水浴び

【トトの嫌いなもの】
チョコエッグ文鳥
・デジカメ
・人間以外のたいていのモノは怖がる

【トトの持病】
・皮膚真菌症
 再発を繰り返しています。

【トトに似合う色】
ピーコックグリーン

【ほか】
驚愕する文鳥



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
(写真:2004/6 生後八ヶ月)

copyright (C) ももいろぶんちょライフ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。