日々と、ダンスと、桜文鳥。
ももいろぶんちょライフ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もお世話になりました
2005年 12月 29日 (木)

もうすぐ2005年が終わりますね。
やりたいやりたいって言い続けていたことのいくつかは実行できた年でした。
このブログとか、ダンスとか、いろいろ。

ブログのおかげで、仕事以外で絵を描くということが出来るようになりました。
それって本当に、すごく有り難いことなのです。
自分の中身を外へはき出す作業は絶対に必要なことです。
腰を据えての大作(アニメとか)づくりは時間的にも気力的にも非常に困難な事ですが、ブログならふらぁっと描いたらくがきを気軽に公開できる!

来年もらくがき描きを楽しみながらやっていこうと思います。
とりあえず来月発売のシャネルのレ キャトルの新色が震えるほど楽しみです(コスメマニア)。パープル!!

トトちゃんとモコモコでれりんとしながら今日もゆったりします。
冬は特にフリース着て抱っこしていると、どこまでが文鳥でどこまでがフリースかわからないことになってます。
あったかくて、やわらかい。
私も同化してモコモコ。でれでれ。

日々、我が家のトトを愛でてくださる方々、ほんとうに感謝感謝です。
どうもありがとう。
スポンサーサイト
クリスマス・クッキー大会
2005年 12月 26日 (月)


銀座ソニービルのツリー。
今年はシャネルのNo.5のボトルを模した飾りでした。

05x01.jpg05x02.jpg
おうちでクッキー作り大会です。
山盛り焼いて、楽しくあれこれ飾り付け。
アラザン(きらっきら!)とチョコレート・スプレー。アートなマーブル模様。
完全に童心に返りました。粘土遊び、ビーズ遊びの気分!
山盛りのクッキーって幸せです。
05x04.jpg05x03.jpg
盛り上がりすぎて妙な作品もあり。
(左からペンギン、サンタさん、それから犬…だそうです。えぇー)
妙な画像載せてすみません。とてもおいしくいただきました。ぺろっと。
今月観た映画メモ
2005年 12月 26日 (月)
ティム・バートンの「コープス・ブライド」
・ぼろ泣きしました。
・ピアノ連弾の曲大好きです。
・出番はわずかなものの期待を裏切らない愛らしさでした、わんこが。

「Mr.&Mrs.スミス」
・アンジー大好き!
・焦ったり泣いたり妬いたり、可愛かったです。

「キング・コング」
・怖すぎ……!!
・船長さんが好みのタイプです。
エロかっこいいベリーダンス
2005年 12月 21日 (水)
20051221010735.jpg
エロかっこいい踊り、ベリーダンスのレッスンは続いています。
私の通っているところは、皆とってもカワイイおしゃれな格好してレッスンするステキな教室なんですよ(他の教室はジャージが多いみたいです)。

同じ練習するにしても気分の盛り上がり方が違う!
私はこの絵(↑)の格好をして踊ってます。
衣装選び&コーディネートの楽しさもベリーダンスの魅力。

あと、お手本にしたいエロかっこいいお姉様がいっぱいなのが一番の魅力。
本気で目の保養。

エロかっこよさ極めるべく私もがんばります。
ボーナスでたしまたセクシー衣装を購入してこよう。うきうき。

…あと私が普段ピョコピョコやってみせているのはただのアヒルの真似ダンス(お尻振るから)であって、あんなものは断じてベリーダンスではありません。注意!
文鳥の正面顔が好きなんです
2005年 12月 18日 (日)
桜文鳥
一番好きなのは、握りこまれてゆるゆるな状態になって体に頭が埋まりそうなくらいデレ~ンとしちゃった時の正面顔です。目をきゅーっと瞑ってあんまりに気持ちよさそうでメロメロになります。撮らせてくれないので何とか言葉で魅力を表現したいと思うのですが……要するに「餅」だ「餅」。

最近私は少しだけ念願の朝型生活へシフトしつつあります。
少しだけね。
朝トトちゃんとゆったりまったりできる時間ができたことによって、身も心もホカホカになって出かけられます。
そんな日々が本当に本当にしあわせです。
キラキラ。
戦え!チョコエッグ文鳥
2005年 12月 13日 (火)
文鳥1今頃…な話。
もう二年以上前に出回ったチョコエッグ文鳥。
持ってなかったのでつい先日購入してみました。ミニチュアトトちゃんだ!とちょっと感動。本物(トトちゃん)と比較するとよりミニミニ感が出て可愛いです。
文鳥2文鳥さんのこのアングルが大好き。
トトちゃんを握っている時はいつもこの角度から顔を見ては満足しています。写真撮らせてくれないけど。ミニチュア版でもやっぱり面白い顔!でも少し細いかな。ネムネム時のトトちゃんはこれを横に1.5倍伸ばしたようなつぶれ顔になってます。撮らせてくれないけど。
文鳥3
お約束ということでトトちゃんとご対面。
すっ飛んで逃げるか声も出せずブルブル威嚇するか(ビビリ)のどっちかだと思っていたのですが…。

「む」
文鳥4


「何だよ!来んなよ!!」
文鳥5

「来んなぁぁぁぁぁぁあああああああ!!」

(電動ドリルと化し光速の突きを繰り返す)

チョコエッグ文鳥が傷だらけになる前に退散。
文鳥の本気突きは本当にドリルなんですよ。目にもとまらぬ速さ。
すごい…!トトちゃんが人間以外を相手に戦って勝った!
しかもその様子を写真で撮れちゃった。興奮のあまりデジカメの存在も忘れたみたい。こんなに自然体(?)なトトちゃんの写真撮れたの初めてかもしれない。
ありがとうチョコエッグ文鳥…!
もう思い残すことはありません。
「日本のアール・ヌーボー」展と「ポーランド映画ポスター」展
2005年 12月 12日 (月)
三越の広告で使用されていた、この猛烈にかわいくておしゃれなスズメを見て明治時代の画家神坂雪佳に興味を持ち行ってまいりました。
国立近代美術館工芸館「日本のアール・ヌーボー」展(現在は展示終了)。
ファッションイラストが大好きなのでそれはそれは楽しかったです。かつて授業でも出た杉浦非水「三越ポスター」がものすごくかわいくてかわいくて…!実物はキレイな渋オレンジ色の着物で、おしゃれさにメロメロになってしまいました。

東京国立近代美術館フィルムセンター「ポーランドの映画ポスター」(12/25まで開催中)もお気に入りが沢山見つけられてとても良かったです。私は赤ワイン入りグラスの「MAZEPA」が一番好きなのですがご紹介できる画像付きサイトが見つからず、残念。非常に貴重なポスターばかりのよう。オシャレ「ゴジラ」ポスターがいっぱいあって楽しかった…。展示物とは別物ですが参考までに、ポーランド映画ポスターとはこういう感じのイラストレーションです。

画像は渋谷の大好きなカフェcafe HIGH ROLLERS (カフェ・ハイローラーズ)にて。
こんにちは、トトです。
2005年 12月 06日 (火)
トトという名前の由来。

「映画”ニュー・シネマ・パラダイス”の主人公トトからとったんです。」とか、
「”オズの魔法使い”の少女ドロシーの愛犬トトからとったんです。」

…と言えたら素敵だったなあと思います。良い映画や童話から名付けるのって、いいなあ。

サッカーくじの愛称として広く知られるtotoは、世界のいくつかの言語においても賭け事を差すようですが、イタリア語ではそれに関連して「幸運」の意味もある、らしい、という噂。またフランス語には幼児語「ワンちゃん」という意味のtoutouという言葉があり、発音は「トゥトゥ」もしくは「テュテュ」が近いそうです。意味はともかくその発音がなんとも素敵な響き。テュテュちゃん…テュテュ…!

それから私の母親は「トトという言葉=魚」と言い張ってきかない。
私は聞いたこともないので絶対古い方言だと思っていたら、goo辞書にしっかり載っていました。

「とと」  〔幼児語〕魚・鶏などのこと。とっと

ほんとだ。確かに幼鳥時のトトちゃんの顔は魚そっくりだったけど…。
なにかね、コミカルな響きの名前をつけたかったのですよ。実際、ひとが「トト」の名を口にするとき必ずそこだけ舌っ足らずな口調になって面白いです。例えおっさんでも「ととちゃん元気?」のひとことだけ妙にかわいい口調になっちゃうの。everybody舌足らず!

本当の所は、「長生きしますように」「十年生きますように」という意味を込めて「十(とお)」の字からとりました。「とぉとぉ」ちゃん!
copyright (C) ももいろぶんちょライフ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。