日々と、ダンスと、桜文鳥。
ももいろぶんちょライフ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トトちゃんと春の花
2006年 03月 29日 (水)
060327-04.jpg
ローズ色のストック。
大好きな色!
わたしの次のお休みまで桜が見ごろであることを祈りつつ…
一週間以上先…無理かな…?
この時期は花屋さんも住宅街の庭先も鮮やかでうきうきしますね。
060327-03.jpg


トトちゃん、お花だよ~
お花!!

トト「知らーん。」
無理矢理花と並ばされてすんごく迷惑そうなトトでした。
スポンサーサイト
さっそく花見
2006年 03月 28日 (火)

桜の見頃はまだまだ先…と思っていたら、
通りがかりにものすごい咲きっぷりの小さな公園を近所に発見。
翌日、お天気もいいし穏やかな散歩日和だったので相方と桜見に出かけたら、
小さな公園一面、食べたり飲んだりする花見客でぎゅうぎゅうに賑わっていました。
皆考えることは同じなのね。
cake0603.jpg
そのまま目黒通りをお散歩。
春らしい色合いの「パセリのレアチーズケーキ」を頂きました。
鼻に抜ける草の香りが渋い一皿です。
桜はまだかな
2006年 03月 24日 (金)
poteto.jpg
男前な新じゃが達。じゃがいも大好きです。

あちこちで桜がほろりほろりと咲き始めているのを見かけます。
毎日通る目黒川沿いに、提灯の飾り付けがされました。
宴会準備は万端という感じ?
桜の見頃はまだ少し先ですが、夜になると無数の提灯の明かりを川が反射してとてもキレイ。

もう冬物なんて着るものかーと宣言してはみても、
まだちょっと寒いですね。
凍えながら春物を着ています。
「オレの巣!」
2006年 03月 20日 (月)

飼い主の髪の毛がすっかり伸びたので、その肩元に隠れてごそごそやるのが
最近のトトちゃんのお気に入りになっています。

パターン1.
飼い主の襟の内側に入りこんで腰を落ち着ける。
髪の毛が天蓋代わりになっていいらしい。

パターン2.
飼い主の耳の下あたりにひそんで
「ぢゅうぅ~~ぢゅううぅう~~」
と、捨てられた小猫のような切ない声で鳴いて
「一緒にこの巣に篭って~」と飼い主を誘う。
(どうしようもないので必死でなだめてみる人間)

パターン3.
肩に垂れる髪の毛の束をかきわけかきわけ、巣作りしようとぐいぐい押したりひっぱったりする。
そのうちずぼっ、と髪の束を突きぬけ私の背中がわに顔が出ちゃって、
何だかしらないけどそこで「ぴ!ぴ!ぴ!!」と興奮して叫んでいる。
耳元で叫ばれるのは非常にやかましい。


ほんとは髪の毛を逆立てた相方の頭が大好きで、飛びのっては体を半分髪の毛に埋もれさせて満足げにしている。短髪ってまさに巣だものね。
ピアノ&ギター弾き語り(あとわんこ)
2006年 03月 15日 (水)
実家・浜松へちょっとだけ里帰りすることに。
東京の住環境では制限されてしまっているピアノとギターと歌を存分に楽しむべく、予め楽譜を購入。今回のセレクトはカーペンターズと、最愛のミュージカル「シカゴ」の映画版サントラ。
guitar.jpg
実家にて。
カーペンターズを歌ってたら、高校生の弟がビートルズの楽譜を持ち出してきたので一緒に歌う。ソラでも歌える弟に対し、実はあんまり詳しくない張り合いのない姉であった。次までに勉強しときますから~。
chobi.jpg

実家のおっとりお嬢さん、
チョビ(8才・mix犬)。
久しぶりの再会だけれど相変わらずすべすべ柔らかないい毛並みしてました。いつまで~も撫でていると、こう、じわっと体の内側から癒されて和んじゃうね。こういうただずっと撫でさせてくれる穏やかな時間もいいな。
春が来る
2006年 03月 12日 (日)
そこかしこから沈丁花の香りが漂ってきます。
そろそろ春の装い解禁しましょうか。

トトちゃんも春モードです。
皮膚病ではげっぱなしだった部分から、にょきにょきと景気良く新しい羽軸が生えてきています。日に日に伸びているのがわかるのが嬉しくて嬉しくて!

毎日「出せ出せ」とやかましく騒ぎ立てるトトです。
ウルサイのでケージにブランケットを掛けて目隠しにするんだけどちょっと空いたすきまに張り付いて騒ぐ騒ぐ。
止まり木からケージ前面に繰り返し飛びついて「バーン、バーン!」という音をたててアピールするほか、近頃はケージにしがみついたこの状態のまま高速で羽を羽ばたかせて「どばばばばばばばば!」とすごい音を出す技も身につけました。
強烈です。人間の気をひこうと必死です。
柔らかいのね
2006年 03月 07日 (火)

例えば、犬が首をかしげる仕草は可愛くて、つられたりもしますよね。
トトちゃんが首をかしげると私も真似して首をかしげちゃいます。
そうするとトトはそのままこの写真のように直角まで曲がります。
かしげすぎー
なんだか「真似できるものなら真似してみよ」と言われている気がしてしまう。
手の中で眠るときもこうやって、一見「どうなってるの?」という角度に首を曲げて寝ていることが多いです。
すんごく気の抜けた姿。
ダンス・ダンス・ダンスの一日
2006年 03月 07日 (火)
「もう無理!へとへと!っていう状態になるくらいまで思いきり体を動かしたい」という衝動に突き動かされて、とあるダンススクールに赴き、あれこれ(ベリーダンス以外で)計4時間半レッスンを受けてきました。
知らない世界をのぞくのって面白い。

違うダンスをやってみた結果、やっぱり私はベリーダンスに身も心も心酔しているのだと実感したわけなんですが、でも筋トレ系レッスンは続けたいなと思わされました。
非常にキツくて辛くて楽しくない武者修行みたいな時間なんだけど、家でひとりじゃ絶対辛すぎてやれないことだから……。

びっくりしたこと。
バレエの世界を少しだけ覗いてみたところ、楽しむのが一番!っていうベリーダンス(多分他のダンスも)と違って厳しくストイックな世界に恐れおののきました。バレエはお尻に力をいれて、動かさないのが基本なんですね。「お尻振らない!フラダンスじゃないのよ!」って激とばされて、普段、お尻振ってなんぼのダンスをしてるので非常に困りました。ステップに合わせて自然とお尻振るクセがついてるんだよね。

ヒップホップ・ダンスは楽しかったんですが、軽く腰を痛めました。
年寄りぽい感想で申し訳ないですが、腰痛の気がある私には注意が必要なダンスでした。

夜はカフェバーでベリーダンスショーを楽しんできました。
朝から夜中までダンスな一日。大充実でした。
我が家の文鳥は「写真NG、スケッチOK」
2006年 03月 01日 (水)

眠るトトちゃん片手にがさささっとスケッチ!
ふうう、適当だけどいいんだ、
目をきゅっとつぶったトトの顔が好きなんだ。
いつか、写真に撮れたらいいな…(夢…)。

この、きゅっと目を閉じたときの文鳥のアイリング部分の魅力をどう表現したらいいのか。
ぷくっとしてつやつや。

片手で握ったとき、
中指と薬指の間にトトはくちばしをつっこんでくるので、
ホールドしつつ親指で頭を撫で撫でしてあげます。
中指でくちばしをそっとすりすりしてあげてもきゅっと目を閉じます。

上の絵はほぼ実物大なので「疑似握り文鳥」体験ができる、かな?
copyright (C) ももいろぶんちょライフ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。