日々と、ダンスと、桜文鳥。
ももいろぶんちょライフ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
据え膳文鳥
2006年 04月 27日 (木)



「さあ!撫でたまえ!!」

なんか撮らせてくれました。瞳孔開き気味だけど。

モサっぷりに拍車がかかっているトトちゃん。
ちびりちびりと羽が抜け、ぽつぽつと羽軸は生えつつはあります。
しかしなにぶん今年はまだ皮膚病が治りきっていないので、
未だ本格的換羽突入には至りません。

微妙に皮膚病、微妙に換羽でしんどいだろうなあ。

アイリング白くなっちゃって、さすがのトトもちょっと元気ないし。
誰も信じてくれないけど、元気ないんですよ。

昔、鳥病院で「最近元気がなくて」と相談したら先生に
「これでですか?」と真剣な顔で返されたくらい、
ローテンション時でも普通の鳥さんの数倍は暴れん坊な子だけど…。
(本当だよー!!)
スポンサーサイト
仮説
2006年 04月 25日 (火)


あいーん。
トトの診察時に出る発作の話、その後。
皮膚病治療のために月2回のペースで通院は続いているのですが、今のところ3回に1回くらいの確率で発作を起こしています。今では飼い主もわりと落ち着いて行動できるようになったのですが、それにしても、毎回先生から驚かれるというか不思議がられるのが、発作の起きるタイミングの遅さ。先生の手からケージに戻されて、ちょっと様子みて、「ああ今日は発作起きないね、良かったね」という空気になってから、飼い主が先生からあれこれお話を伺っているときになって「ぎゅ~」と倒れこむから、先生も飼い主も「えっ今頃」と思うわけです。先生は「興奮が高まってくる(恐怖体験を反芻してるとかですか?)説」を挙げてらっしゃいましたが。
でもトトは本当に人間好きな文鳥だし、幼鳥の頃から毎週のように病院に通って、ときには治療で痛いこともされてきたけれど、今まで発作なんて起こしたことはなかったんですよ。だから診察そのものが怖いというよりは……と考えて、そういえば今までの病院ではずっと小柄な女医さんが担当だったなあと気付きました。

というわけで飼い主は仮説をたててみました。
「先生の重厚なヒゲが怖い説」
先生はマスクしてる日としてない日があるのです。
発作の出たこの間はしてない日だった。けっこう本気なわたし。
目標はスプリッツ
2006年 04月 18日 (火)



チャイティーが大好き。


毎晩のストレッチは続いています。
今まで、自分としては体はどっちかというと柔らかいほうなんじゃないかな?と思っていました。
でも、足を前後に180度開いてぺたんとお尻を床につけるポーズ(スプリッツと言う)ありますよね。
あれ、バレエクラスの生徒さんたちって皆さん当たり前のように出来るんです。
なんかもう羨ましくて、バレエはやらないけどスプリッツは出来るようになりたいのです(横の開脚も)。

映画「プロデューサーズ」を観たのですが、ユマ・サーマンが立った状態→スプリッツするシーンがあって、あれが出来たら、いい、なあ、とか。
映画自体は思い切り期待外れだったので残念。
(オースティン・パワーズで大爆笑できる人向けだと思った)

ダンスの為の柔軟と筋トレを頑張りたくて、評判の良いDVDをいくつか購入しました。
バレエワークアウトとパワーヨガ。
寝る前に実行しているのですが、佳境に入ってくると必ず猛烈な睡魔が襲ってくるのが不思議。私だけじゃないらしいけれど。おかげでパタッと眠りにつけます。
アンニュイな文鳥
2006年 04月 10日 (月)

春のあたたかな日射しがさしこむ麗らかな午後。
ベッドの上に座り込んで雑誌を読むわたし。
その頭の上で「ちよちよ~~~ん♪」と歌を歌い続ける文鳥が一羽。

乗られているほうは動けないのだけど、楽しそうなので歌わせておいたら30分ぐらいずっとエンドレスで歌っていました。もさ男でも元気です。

今、肩のあたりからぶっとい新しい羽軸が顔をのぞかせていて、これがなかなか大変なんです。トトの大好きな「抱っこ」のとき…つまり、人間に握ってもらったり寄り添ったりするとき、ちょうど刺激されて痛いみたいで。いそいそ手の中にもぐったかと思うと次の瞬間びよーん!と蛙のように飛び退いて出てきちゃう。画鋲を踏んだ人間みたいな感じ。
それでも抱っこはされたくて、ビビりながらももぐりこんできます。
あと2.3日はこんな感じかなあ…。
4月からのダンスライフ
2006年 04月 05日 (水)

新しいヒップスカーフがアメリカから届きました♪
照明のせいで黄色くみえますが
「真紅+シルバーコイン」です。
ブルベのわたしはシルバー専門。
ベリーダンスの話。
わたし、今月から(初級者クラスからレベルアップして)中級者クラスです!
わあい、ちょっと新しい世界!

最近、「ストレッチと筋トレを頑張ると、ダンスの楽しさが倍増する」
ということを発見し、別のスクールでも平行して筋トレ系レッスン(バレエ中心)を受けています。
あくまで自分比なのだけれど、腰のキレが違うのです。
思いきりよくカコーンと振れて楽しいんです、自分が。
今まで微妙だった腹ワザ(←アンジュレーションという)も今ならだいぶいい感じ。
くびれ強調尊重ダンスなので、腰や腹まわりの筋肉は特に重要なのだね。

ダンスの為なら武者修行(バレエのレッスン)も張り切りますとも。
でもストレッチや筋トレって徹底してやると、むくみやだるさや疲れがとれて、しかも効果がけっこう長持ちするんですね。
やってる間は辛いけど、後の爽快感は何物にも代え難い。
「もっさり・もさ男(お)」
2006年 04月 03日 (月)
…と飼い主に呼ばれている今のトトちゃんです。



もさ。
抜け羽がストップしてしまったので換羽突入はまだ先みたいです。
「ぴよ~~~ん♪」と歌も歌っているし。
でもあんまり覇気がなくて脱力度満点。
陽気がよくて陽射しがあたたかくて、思わず歌いたくなる気持ちも分かる気はする。
だるくてしんどくて大変な換羽、さっさと迎えてさっさと乗り越えたいね。
いいかげんもさ男じゃなくなりたいね。
飼い主は頭なでくりマッサージで文鳥様の癒しに努めています。
copyright (C) ももいろぶんちょライフ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。