日々と、ダンスと、桜文鳥。
ももいろぶんちょライフ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電池交換文鳥
2006年 07月 31日 (月)
トト通院に行ってきました。とっても経過順調だそうで、さ来週からはお薬を軽いものにできるみたいです。わー。わー。今回の皮膚病でハゲちゃった部分にも、新たに羽軸が出てきました。もりもり元気になってゆく!先生もすごく喜んで下さってました。



飼い主以外にも握られます。

ぴっとり。
トト退院後、相方が久しぶりにトトちゃんと再会を果たした時の話。飛びついてくるトトちゃんとひとしきりじゃれあった後、あまりのトトちゃんの元気さに「電池交換したみたい!」だって。そうなんだよね!ただでさえこの数カ月、だるいだるい状態状態が続いてたからね。これが本来のトトちゃんなんだよね~。「ムダな動きが多い(元気元気)」「足の握る力が強い」とか色々言ってました。
スポンサーサイト
ごはんがおいしい幸せ
2006年 07月 24日 (月)
先週、トトちゃん退院したよ~!と相方に一報を入れたところ、
「退院祝いにいっぱい顔つつかせてあげないとー」とひとりごちておりました。
トトちゃんは相方の顔をつつきまくって遊ぶのが大好きな文鳥であります。
また遊べるようになって良かったねトトちゃん!

「めし…」
0607return04.jpg
「うんまー!」
ごはんがおいしく食べられるって幸せなことだよね!
今日も「うまっ!(ポリポリ)うんまっ!(モグモグ)」とモゴモゴ喋りながら満足げにごはんを食べるトトちゃんでした。
すっかり元気いっぱいという感じで、突然「ブーン!!」とすごい勢いで部屋の中を飛びまわったりします。速い。思いっきり飛べるようになって、トト自身も嬉しそう!
握り文鳥写真、大放出の巻
2006年 07月 19日 (水)
励ましのコメントを下さった方、メールを下さった方、ありがとうございました!そっとしておいて下さった方々もありがとうございました!私の涙腺は緩みっぱなしですっ。

トトが無事退院してきてくれて良かったです。持病の皮膚真菌症が悪化し今回のただならぬ事態にまで発展してしまったわけですが、それについても何かしら鳥飼いさんの参考になる部分もあるかもしれませんので数日中にサラリと詳細を説明してみようと思っています。

さて、トト退院以来はじめてのお休みがやってきましたよ~。
トトはさすがに入院前より怒りっぽくなっていますが(そりゃ入院中は楽しくないことばかりされ続けただろうからね)、激怒できるくらい元気になって良かった良かった、な飼い主です。でも、抱っこされたがる甘えん坊っぷりは相変わらずですよ。


「む~~~ん」
0607return03.jpg

「じ~~ん」
0607return02.jpg

ラブラブ中
0607return06.jpg
正面から見るとデレっとつぶれ顔
0607return05.jpg
「まだ撮んの?」
退院しました!
2006年 07月 16日 (日)
トトちゃんが退院しました~。
まだまだ投薬も通院も続くしトト本人も全快ではないし後遺症が残る可能性も無くはないのですが、集中して治療した甲斐あって飼い主もびっくりの回復ぶり!

一時は「もうブログを更新する日は来ないのだろうか…」と思い詰めもしましたが、こうして再びトトちゃんを抱っこできる日が来てくれてとても嬉しいです。ゆうべは久しぶりにゆっくり眠ることができ、久しぶりにトトちゃんに騒々しく起こされて目が覚めました(笑)。

すべては適切な治療をして下さった先生方のおかげです!もっと早くこの病院に戻ってくるべきでした。あのままヒゲ先生のところに通い続けていたらと思うと恐ろしい…。

次回から平常通り、ぽつぽつと更新再開していきますのでよろしくお願いいたします。
まだです
2006年 07月 13日 (木)
引き続き入院中。
しばらく更新もお休みします。
いのり
2006年 07月 06日 (木)
症状が悪化し本日よりトトは入院しました。
なあんにも語れないのは辛すぎるからです。
軽い口調なのは自分自身を励ますためです。
鳥飼いじゃない人にはそれが分からないらしい。
すごく悲しかった。

過敏になっちゃって、いけません。
copyright (C) ももいろぶんちょライフ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。