日々と、ダンスと、桜文鳥。
ももいろぶんちょライフ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健康いちばん
2006年 11月 25日 (土)

わたしが文鳥を飼うきっかけになったサイトの可愛い文鳥さんが9才でお☆さまになったと知りました。文鳥の平均寿命からすれば大往生だけれど、飼い主さんの「もう苦しまなくてすむ」の言葉に文鳥さんと飼い主さんの辛さがしのばれてどうしてもボロボロと泣いてしまうのです。

限りある命。
なんだかこう、すごく日々の自分を反省しました。
何かと「思い通りにならん」と苛ついたり不安になったりしがちですが、そんな暇があるくらいならそのぶんうちのトトちゃんが元気に暮らしている事実に感謝し幸せに思わなくちゃいけないんだよな、と。


冷え込む季節がやってきました。
みなさまも、ご自身(と、鳥さん)の体調にはどうかお気をつけて。
スポンサーサイト
冬がもうすぐ
2006年 11月 14日 (火)


水浴び大好きトトちゃん。「ばちゃばちゃばちゃ!!」と景気よく時間をかけて水浴びする姿は本当に楽しそうです。真夏に涼をとる目的だけじゃなく本当に水浴びが好きなんだなあと思います。文鳥さんはキレイ好きね~。

ずいぶん冷え込むようになってきましたね。昨日も今日も寒かったです。ぶるぶる。体の冷えは女性の大敵で要注意ですが、冬そのものは嫌いじゃないです。東京の冬は静かで、感性が研ぎすまされる感じがする。

今日はトトちゃんも、敷き紙の上に座り込んで巣作りごっこするには寒すぎたみたいです。求愛ダンスもそこそこに、久しぶりにずっと飼い主の手の中に入りっぱなしでウトウトしてました。
ほっこり。
内田康夫「還らざる道」発売
2006年 11月 10日 (金)
oil_tori_small.jpg
以前こんなキモカワ鳥を描いてくれた相方ですが
(→8/30の記事参照)。
初めて装画(表紙絵)を手掛けた本が10月末に出版されましたー。

それがこちら、浅見光彦シリーズ最新作です。

還らざる道 還らざる道
内田 康夫 (2006/11)
祥伝社
この商品の詳細を見る

本屋さんで見かけた際にはキモカワ鳥も一緒に思い出してあげてください。
しかし絵を並べてみるとキモカワ鳥がより一層キュートに見えてきます。
step.gif
「発売めでたい♪めでたい♪」
(勝手に)動かしてみました。怖。
「文鳥様と私」最新刊、それから入院騒動の件を少し
2006年 11月 04日 (土)
文鳥様と私 8 (8) 文鳥様と私 8 (8)
今 市子 (2006/10/28)
あおば出版

この商品の詳細を見る

美しき獣たち 美しき獣たち
今 市子 (2006/08/25)
朝日ソノラマ

この商品の詳細を見る

最新刊「文鳥様と私」8巻と、「美しき獣たち」を買ってきました。
以下、若干内容に触れますので、まだ読んでいない方で内容も感想も一切知りたくないよーという方は記事を読まないほうがよろしいです。
追記:2册まとめて読んだのでごっちゃになってましたが、確認したところ以下の文で自分が語っているのは全て「美しき獣たち」のほうのエピソードでした。


【感想】
いつも通り大いに笑いもしたのですが今回、病気の話がとても多く、考えさせられてしまいました。いつまでも元気でいられるわけじゃないということを、平和ボケならぬ健康ボケしているとつい忘れがち。
ある日鳥さんの異変に気づき、穏やかな日常から一転「通院、治療、不安、心配、恐怖(他いろいろ)……そして死!またあれを繰り返すのか!」とどん底につき落とされる今市子先生ですが、まるきり自分のことかと思いました。持病を抱えた鳥さんと暮らす人間にとってこの気持ちはよく分かるのでは。私も再発を発見するたびこの状況に陥るのです。

「人は、信じたいと思うものを信じる生き物なのです」
終盤に出てきたこの言葉。
私はこの事実を、うちのトトの入院騒動のときに初めて認識しました。あの件で学んだことといえばこの一言に尽きます。人は、自分に都合の良いことを信じてしまう愚かな生き物なんだということ。
「明らかにおかしいと思っても医師の言うことなら間違いないだろうと信じてしまうのです。」
そう、悪いのは愚かだった飼い主の私であるという事実!!嗚呼。

入院費用の件。「5万円でも払いすぎでは」と書かれていましたが、スモモちゃんと違ってうちの子の場合かなり危険な状態だったため、9日間入院でもっとかかりました。そのおかげで回復に至ったのですから高かったとは思っていません。
そんなことより、治らない治療を続けてくれた別の某鳥病院には結果的に総計10万円ほど払い続けた計算になるんです…そっちは色々な意味で痛いし、さらにトトを命の危険にさらすことにつながったと思うと今でも悔しくてどうしようもなくなります。

治っていない、おかしい、と気づきながらも一年もの間その病院に通い続けてしまったのはひとえに私が、「鳥のお医者さんが言うんだから確かなんだろう」と思い込もうとしてしまったから。
「人は、自分が信じたいと思うものを信じる生き物なのです」
この実体験を語ってからじゃなくちゃ私は死ねないと思いました。
(でも憤りがぐちゃぐちゃとしてうまくまとめられない…)

【まとめ】
平和と健康は大事だよ!!
copyright (C) ももいろぶんちょライフ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。