日々と、ダンスと、桜文鳥。
ももいろぶんちょライフ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンニュイな文鳥
2006年 04月 10日 (月)

春のあたたかな日射しがさしこむ麗らかな午後。
ベッドの上に座り込んで雑誌を読むわたし。
その頭の上で「ちよちよ~~~ん♪」と歌を歌い続ける文鳥が一羽。

乗られているほうは動けないのだけど、楽しそうなので歌わせておいたら30分ぐらいずっとエンドレスで歌っていました。もさ男でも元気です。

今、肩のあたりからぶっとい新しい羽軸が顔をのぞかせていて、これがなかなか大変なんです。トトの大好きな「抱っこ」のとき…つまり、人間に握ってもらったり寄り添ったりするとき、ちょうど刺激されて痛いみたいで。いそいそ手の中にもぐったかと思うと次の瞬間びよーん!と蛙のように飛び退いて出てきちゃう。画鋲を踏んだ人間みたいな感じ。
それでも抱っこはされたくて、ビビりながらももぐりこんできます。
あと2.3日はこんな感じかなあ…。
Comment
この記事へのコメント
頭の上で30分も歌い続けるトトちゃん、よっぽどご機嫌で気持ち良かったんでしょうね♪
春の暖かな幸せが伝わってきました(^^)

とっても素敵な一枚ですね!
2006/ 04/ 12 (水) 10: 00: 16 | URL | ことり # -[ 編集 ]
>ことりさん
ありがとうございますv
穏やかに過ごせるいい季節になりましたよね。
頭の上にいてくれるぶんには両手がフリーなのでその間わりと何でもできて良いです。
ぴったりくっつきつつ互いの好きなことをやっている感じで。
2006/ 04/ 12 (水) 21: 37: 29 | URL | イシカワ # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ももいろぶんちょライフ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。