日々と、ダンスと、桜文鳥。
ももいろぶんちょライフ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いがぐりグリグリ
2007年 06月 21日 (木)

写真はひとつき前のまったりトト(換羽前)。
換羽まっさいちゅうの今こういう写真を見てみると、平常時はこんなにはっきりくっきりきれいだったんだなあとびっくりする。今はくちばし白いし全体のコントラストが不思議なくらい弱いの。

ようやく換羽も後半に突入なのです。
新しい羽が「ビシバシと」生えてきて体中ちくちくだらけのトトちゃんは飼い主に
「いが・ぐり男(お)」
と呼ばれている。
(去年は「もっさり・もさ男」とも呼ばれていた)
一年に一度のハリネズミ期。文鳥って大変!
あの鳥並み外れた美しさ(つる~んとした羽)は、こんなにしんどくてわりと悲惨なひと月を耐えて生まれるのでした。

美しくあるためには耐えることも必要なのさと結論づける飼い主。
copyright (C) ももいろぶんちょライフ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。